ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2019-07

2019-07

休み明け、元気な姿に会えますように

ろりぽっぷ 1103号 2019年7月19日

ろりぽっぷ1103号

 園だよりも一学期最終号となりました。1089号から1102号までの園だよりを振り返ると、どのページにも子どもたちの輝くような笑顔があふれ、心の底から楽しんでいる様子に、私たち大人も幸せな気持ちになります。

 さて、40日近い夏休みを皆さんはどんな風に過ごされるのでしょうか。大きなイベントがなくても日々の生活の中で小さな楽しみを見つけて過ごされるのはどうでしょうか。木陰で遊んだり、ビニールプールで水遊びをしたり、子どもたちは案外ささやかなことからでも楽しさを見つけられるものです。
 日中の暑さを避けてどうしても家の中で過ごしがちですが、気をつけていただきたいのが『ゲーム漬け』です。驚くほどのスピードでバーチャルなゲームが低年齢化しています。静かにさせるために赤ちゃんの頃からスマホを与えられている姿を見ていると、子どもたちの生活の行く末が不安になります。
 夏休みはどうしても生活のリズムが乱れがちになります。その要因の一つがゲームに夢中になって寝る時間が遅くなることです。特に、上の兄姉のいるお子さんは要注意ですね。対策として、そのご家庭なりのルールを話し合ってみるのも良いかもしれません。何より難しいのは親ごさんの対応です。どこまでノーと言えるか試される訳ですから、とてもしんどい事だと思います。ことほど左様にそれだけゲームは子どもにとって、簡単な事では太刀打ちできないほどの魅了のあるものになってきています。
 ぜひこの夏は、ゲーム依存症の子どもを作らない決意で過ごしていただきたいものです。

 親ごさんにとっては少々耳の痛い内容になってしまいましたが、事故のないよう安全に過ごしていただきたいと思います。2学期には一回り大きくなった元気な姿に会えますようにと願っています。
(園長)

お~い!おひさま!!  ~キャンプが心配~

ろりぽっぷ 1102号 2019年7月12日

ろりぽっぷ1102号
 
 セミの初鳴きが聞かれ、夏の日差しを期待しましたが、どんよりとした日々が続いています。セミも地中から出てはみたものの、鳴き声もか細く「こんなはずでは」と戸惑っているのではないでしょうか。
 今週は父母会がありました。お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。

 さて、年長組が親元を離れてキャンプ生活を体験するまであと2週間です。ろりぽっぷでは、生きるための生活力を身につけようと、3歳の頃から楽しみながらお菓子作りや料理をしたり、園庭でまきを使いかまどでご飯を炊くなど、生活経験を積み重ねています。キャンプ生活は、いわば“大きい組になったらみんなでキャンプに行く”と憧れて待ち望んでいたキャンプ。待ち遠しいけれど、家族から離れてテント生活をすることにちょっぴり不安も持っているドキドキな子どもたちです。

 さて、キャンプへ向けて今年も年長組の親御さんからの心配事がいろいろと寄せられています。おねしょが心配、家以外のトイレで排便をしたことがない、特に和式の便器での経験がない(キャンプ場は和式ですが、対策として洋式便器を購入し当日使用)、おしりが拭けないなど、トイレの問題が多いようです。おむつが必要なお子さんには、友だちの目に触れないよう対応しますので安心してください。外のトイレには、外出先での経験を今から積みましょう。
 今年も大きなお風呂に入ります。一般の人たちとも一緒になりますので、お風呂のマナーもご家庭で教えていただくとよいかと思います。浴槽に入る前には手足、おしりなどよく洗ってから入る、タオルは浴槽に入れない、そしてタオルを絞る、体を拭くということも自分で出来るよう、今から練習しておくといいですね。

 ついついお家ではやってあげてしまうことが多いかと思います。年長の今頃のお子さんはかなりのことで自分で出来る力を持っています。就学に向けて自立へのチャンスですからここはぜひ、お子さんに任せてみましょう。
(園長)

夏休みのおすすめの絵本

ろりぽっぷ 1101号 2019年7月5日

ろりぽっぷ1101号

 今週は日本列島がどっぷり梅雨につかり、九州地方は1000㎜を越える豪雨に見舞われました。現地の方々の緊張はいかばかりと、お察し致します。
 園児のお楽しみのプールもまだ1回きり。来週に期待したいところです。

 さて、夏休みまであと2週間。長い夏休みをどう過ごそうかと考えあぐねているお母様も多いのではないでしょうか。
 そこで1つ提案ですが、たっぶりある時間をお子さんと共に絵本を思いっきり楽しんでみるというのはどうでしょうか。図書館を利用するのも良し、夏休み前に園で借りる絵本でもいいと思います。絵本選びの一助にと、先生たちにこの夏休みにおすすめの絵本をリサーチしてみました。たまにはお子さんを膝にのせて、ひととき絵本の世界に浸るのもいいですね。
 絵本の世界はアナログ。お母さんの肉声やぬくもりが、きっとお子さんに伝わると思います。  (園長)

<夏休みに読むおすすめの一冊>
・どろんこおそうじ・・・ばばばあちゃんシリーズの一冊
・バルボンさんとさくらさん・・・ばるぼんさんシリーズの一冊
・えがないえほん・・・オノマトパ(擬声)の世界を楽しむ
・ともだちやもんな、ぼくら・・・友だち関係の話
・11匹のねこ・・・子どもとのかけ合いが楽しい絵本
・しろくまのパンツ・・・しかけ絵本で最後のオチがお楽しみ

まずは水に慣れることから

ろりぽっぷ 1100号 2019年6月28日

ろりぽっぷ1100号

 水曜日は久々に太陽が顔をのぞかせ、その貴重な日差しをいとおしむように、子どもたちはプール遊びを楽しみました。
 幼児期は泳ぎを覚える前の段階、水に慣れることからはじまります。水遊びが大好き、顔に水がかかっても平気になれるといいなと思っています。

 園のプールの大きさ、6.5m×4.5m 深さ65㎝です。プールの水は、朝8時半から入れ、終わったら抜き、毎回取り替えています。子どもたちは、消毒液(塩素)を入れた腰洗い槽に下半身をつけてプールに入ります。水深は子どものひざ丈くらい。スイミングに通っているお子さんには、ちょっと物足りないかもしれませんね。楽しい水遊びも天気次第。昨年は猛暑で15回は入れましたが、この夏は何回プールには入れるでしょうか。水遊びの様子をご覧になりたい方は、どうぞお出掛け下さい。

 さて、お父さん お母さんの水にまつわる幼い頃の記憶は、どんなものがおありですか?プールや海に何の抵抗もなく、お水大好きな子どもでしたか?
 私は、昔で言うカナヅチでした。子どもの頃、田舎の小川でバチャバチャした思い出はありますが、とうとう正式に泳ぎを教えてもらうチャンスは逃してしまいました。もっとも、昭和20、30年代はまだ学校にプールなどがなかったのですから。
 子育てがひと段落した頃、大人のスイミングスクールに通ってみましたが、顔に水がかかるのがイヤで、もっぱら平泳ぎのみ、それも5、6mで沈没でした。というわけで、子どもには自分の命を守るためにも泳ぎくらいはと、せっせとスイミングスクールの送り迎えをしたものです。結果、息子はクロールをはじめ一通りマスター出来ましたが、娘は私に似て、顔に水がかからない背泳ぎ一本で、市の大会にまで行ってきました。
 ことほど左様に、水に強いか弱いかは、親のDNAを受け継ぐというのが私の持論です。何が何でも泳げるようにという親の願いは、ままらないこともあると思うのですが…。 (園長)

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2019-07

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。